カテゴリごとの出題機能

eden LMSでは、テストを作成時に、カテゴリごとに出題数を設定することができます。たとえば日本史の試験であれば、「平安時代」「鎌倉時代」「室町時代」というカテゴリごとに20問ずつ問題を作成した場合、3つのカテゴリからそれぞれ10問ずつランダムに出題して全30問のテストを作成、ということができます。試験を受けるたびに異なる問題が出題されるため、本番形式の実力テストなどもカンタンに実施できます。

カテゴリごとの出題機能


小カテゴリごとの出題設定

eden LMSでは、カテゴリの一階層下のセクションと呼ばれる小カテゴリごとに出題数を設定することもできます。これにより、出題者は出題範囲をより細かく設定できるようになっています。たとえば、「鎌倉時代」は「政治史」から5問、「文化史」から5問というような出題設定ができます。

小カテゴリごとの出題設定