さまざまなデバイスで利用可能

スマートフォンやタブレットにも対応

パソコンやタブレットはもちろん、スマートフォンにも対応しています。iPhoneやAndroidで閲覧すると、自動的にスマートフォン用の画面が表示されるようになっています。スマートフォンでは画面が小さいため、パソコンと同じレイアウトの画面では見づらくなってしまうので、eden LMSではスマートフォン専用の画面を表示することで、使いやすさを実現しています。さすがにアプリと同じ、とまでは行きませんが、かなり近い使い勝手で学習を進めることができます。

古いIEから最新IE、Macにも対応

企業内では古いバージョンのInternet Explorerを使わなくてはならないケースも少なくありません。そこでeden LMSでは、現在Internet Explorer 8から最新版のInternet Explorerで利用できるようになっています。もちろん、Internet Explorerだけではなく、Edge、
Google ChromeやEdge、Firefoxからも利用できます。Windowsだけでなく、Macからも同じように使えるようになっています。

ガラケーでも利用可能

スマートフォンの利用率はかなり上がりましたが、それでもまだまだスマートフォンではない従来型の携帯電話、いわゆるフィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)でも利用できるようになっています。フィーチャーフォンでは表示能力に制限がありますが、eden LMSにフィーチャーフォンでアクセスした場合、それに合わせた画面表示をするようになっています。すべての機能を使用できるわけではありませんが、テキストを閲覧したり、問題を解いたり、アンケートに答えたりすることができます。