利用事例: メディカル・ケア・サービス株式会社様

メディカル・ケア・サービス様ロゴ

認知症高齢者の介護に対応したグループホーム「愛の家」を中核とし、全国270ヶ所以上の拠点で介護施設や小規模多機能、訪問介護事業等の運営をされているメディカル・ケア・サービス株式会社様( Webサイトはこちら )では、スタッフへのトレーニングや介護・福祉系資格の取得支援などにおいて、eラーニングシステム「eden LMS」を活用されています。そこで、メディカル・ケア・サービス様における人材育成の取り組みと、その中でのeラーニング活用について、横島様、吉本様にお話を伺いました。

●人材育成の取り組みについて教えてください。

「介護現場のスタッフとして働くためには、さまざまな知識や技能が必要となります。」

「介護現場のスタッフとして働くためには、さまざまな知識や技能が必要となります。たとえば入社したばかりの職員であれば、社会人としての基本から始まり、基礎的な介護の知識、あるいは社内のルールなども知ってもらわなくてはいけません。また、介護の仕事をするためには専門知識が必要です。弊社では認知症高齢者の介護に対応したグループホームを運営しているので、認知症についても詳しい知識が必要となります。地域の皆様とのおつきあいをさせていただく中で、知っておくべきことや心がけるべきこともたくさんあります。」

「元々は集合研修と現場での教育(OJT)を中心に行っていました。」

「人材育成については、元々は集合研修と現場での教育(OJT)を中心に行っていました。講師役の社員が全国を回り、講義や研修を行うわけです。アンケートやレポートが必要になれば、受講者に紙へ書いてもらったものをスキャンしてPDFに変換し、それを本社に送ってもらって集計や分析をするというやり方でした。」

●eラーニング導入の経緯について教えてください。

「会社規模が大きくなるつれ、人材育成の負荷が大きくなってきました。」

「会社の規模が大きくなっていき、事業所も増えていくにつれて、人材育成の負荷が大きくなってきました。どんどん増えるスタッフの数と比べ、講師役が不足してきたり、あるいは講師ごとに研修内容のばらつきが出てきてしまうという問題もありました。人材育成をもっと充実させていきたいという思いはあったのですが、なかなか手が回らないといった状態になってしまったのです。そこで、eラーニング導入を本格的に検討することになりました。」

「製品の中身や機能、料金体系などでeラーニングシステムの比較をしました。」

「eラーニングシステムの選定については、インターネットなどで調べていき、製品の中身や機能、料金体系、トータルでの運用コストなどで比較をしました。そして、eden LMSを含め3つの製品にまで絞り込んで詳細な検討を行いました。最終的に、自分たちで教材作成が簡単にできること、学習状況の把握のしやすさ、組織階層やグループごとに異なるカリキュラムを割り当てるといった柔軟な管理ができること、そして同時アクセス数プランによる割安な料金体系などを考慮し、eden LMSに決定しました。」

●eden LMSを導入してみていかがでしたか?

「人材育成で発生していた作業の負荷を下げることができました。」

「まず、人材育成で発生していた作業の負荷を下げることができました。これまではアンケートを取ってそれを集計する、という作業だけでもかなり手間がかかっていましたから。edenだとガラケーにも対応しているので、現場においても幅広く利用してもらうことができています。eラーニング導入をきっかけに、スタッフが各自で目標を決めて自己学習をしてもらう取り組みを本格化させました。介護・福祉業界ではケアマネジャーや介護福祉士などさまざまな資格があるのですが、それらの資格試験について、希望者向けに対策講座や問題集などを配信しています。選択肢の自動シャッフルができたりするのは面白いですよね。」

「開発・運用の姿勢が柔軟な点はとてもいいと思います。」

「システム的に詳しいことは分からないですが、ある機能についてこの動きはなにか変だな、と思って問い合わせをしてみると、その箇所が3日くらいで修正されたときがありました。そういった柔軟な開発・運用姿勢はとてもいいと思います。あるいは別の要望に対しては、これこれの理由でそのような仕様になっているのでそのまま使って欲しいというレスポンスがきちんとあって、そういうときはこちらで工夫をすればいいということが分かるのもいいと思います。」

●人材育成における今後取り組んでいきたいことを教えてください。

「スタッフへの学習支援を充実させていきたいです。」

「弊社には無資格で入社される方もいるのですが、そういった方たちを含めたスタッフへの学習支援を充実させていきたいです。現在でもケアマネジャー、介護職員初任者研修、あるいはスウェーデンのタクティールケアなどの資格取得支援を行っているのですが、今後は他の資格取得支援をeラーニング上でも増やしていきたいですね。」

「キャリアパス制度での活用や海外展開を考えています。」

「eラーニング活用という観点で言えば、社内のキャリアパス制度の一貫でも使えるのではないかと思っています。介護スタッフ向け、リーダー向け、ホーム長向けなど、さまざまな職位によって異なるコンテンツを学習してもらうということも、edenを使えば実現できそうです。また、海外でも介護施設を運営しているので、海外へのeラーニング展開もしていきたいです。」