利用事例: 日本ヒューレット・パッカード様

ロゴ

日本ヒューレット・パッカード株式会社様では、研修サービスにおいてeラーニングシステム「eden LMS」を利用し、オンラインでの試験対策を提供しています。そこで「eden LMS」導入の背景や選定理由について、日本ヒューレット・パッカード HP教育サービス 小熊坂隆司 様にお話を伺いました。

● eラーニングシステム導入の経緯を教えてください。

「集合研修を補完する形でeラーニングも提供したいと考えていました。」

「弊社ではさまざまな研修サービスを提供しているのですが、集合研修を補完する形でeラーニングも提供したいと考え、展示会や検索エンジンなどで、さまざまなシステムを調査していました。研修サービスでは終了時に試験を行っているのですが、その練習問題なども提供したかったので、制限時間設定やシャッフル機能といったテスト機能が充実しているeラーニングシステムが必要でした。また、研修サービスのお客様にアンケートを取ってみたところ、スマートフォンでも使いたいという声も多かったため、スマートフォン対応も重要なポイントでした。」

● eden LMSを選んだ理由を教えてください。

「主要なデバイスすべてに対応しているeラーニングシステムが必要でした。」

Androidで閲覧時の画面

「システム要件は大きく分けて3つありました。ひとつめの要件は『テスト機能が充実していること』で、これは先ほどお伝えした通りです。2つめの要件は『さまざまなデバイスで利用できること』です。パソコンでの利用はもちろん、iPhone、iPad、Androidなど、主要なデバイスすべてに対応しているeラーニングシステムが必要でした。3つめの要件は『ASPで利用できて、かつ低価格であること』でした。というのは、あくまでメインとなるのは研修サービスなので、システム管理の手間はかけたくなかったのです。また、研修サービスの価格に響かないように、低価格であることも必要でした。」

「eden LMSがぴったりだと感じました。」

「以上の要件でさまざまなeラーニングシステムを検討したのですが、eden LMSがぴったりだと感じました。そこで実際にしばらく試用させていただき、問題ないことを再確認した上で、実運用をスタートしました。ちなみに、eden LMSを利用開始後にeラーニングシステムの展示会に行き、さまざまなシステムをもう一度見て回ったのですが、今でもeden LMSで正解だったと思っています。」

● eden LMSのご利用方法と運用方法について教えてください。

「研修サービスを補完する形で利用しています。」

「研修サービスを補完する形で、テキストの要点整理や重要語句の復習、あるいは模擬試験などを提供しています。コンテンツについては、eden LMSのコンテンツ作成機能を使用して、研修サービスのテキストなどをベースに作成しました。」

「従来の業務フローをなるべく変更させずに済むように工夫をしています。」

「運用の方法ですが、もともと提供していた集合研修をベースとした研修サービスに、付加価値としてeラーニングサービスを追加するという形になるため、従来の業務フローをなるべく変更させずに済むように工夫をしています。具体的には、申し込みや受講票の発行などは従来通りの流れで行い、初回の受講時にedenのIDとパスワードを渡して、使い方を説明する、というやり方を取っています。集合研修開始前にIDとパスワードを発行する方法も検討したのですが、従来の業務フローが変わってしまうため、現在のような流れで運用することになりました。」

● eden LMSについての感想を教えてください。

「ほとんど妥協なくやりたいことが実現できています。」

「必要な要件はすべて満たしていて、ほとんど妥協なくやりたいことが実現できています。もともと要件として考えていた機能以外にも、さまざまなコンテンツを簡単に作成できる点が特に便利だと感じています。今後もさらにさまざまな機能が追加される予定とのことで、楽しみにしています。」

こちらのページもどうぞ