利用事例: コネクシオ株式会社様

conexio_corp_logo

「携帯電話の販売代理店業(キャリア認定ショップ運営、卸売・販売)」と「携帯電話を活用したコンサルティングおよびソリューションサービスの提供」を事業とする、業界のリーディングカンパニーであるコネクシオ株式会社様では、コンプライアンスや内部統制の社員教育、サービスの習熟、資格試験対策など様々な場面で、eラーニングシステム「eden LMS」を活用されています。そこで「eden LMS」導入の経緯や選定の理由について、コネクシオ株式会社情報システム部の唐澤様にお話を伺いました。

● eラーニングシステム導入の経緯を教えてください。

「企業合併による規模拡大に対応できる研修スタイルを検討していました。」
規模拡大に合わせて研修で生じる課題
  • 研修期間が長期化し、教育内容の浸透に時間がかかるようになる
  • 全員の業務都合を考慮して研修日程を組むのが困難となり、研修・移動時間で拘束される
  • 学習状況やテスト結果の管理、把握に時間がかかる。また、その一元管理が困難になる
  • 研修規模が大型化して出張費や用紙代などの経費が増加する

「従来の研修スタイルは集合研修が主体で、eラーニングはごく一部の研修で利用されているだけでした。eラーニングシステム導入のきっかけとなったのは、企業合併で店舗・事業所などの拠点数が従来から倍増、社員数も大幅に増加したことです。合併後の企業規模のおいて従来の研修スタイルを続けることで生じてくるデメリットを解消する、一つの手段としてeラーニングシステム導入を検討しました。」

「社員教育へのICT活用の実践事例としてeラーニングシステムの導入を推進しました。」

「多くの社員が業務に即した実践的な教育を受ける機会を得られるようにしたいと考えていました。そのためには、教育担当者と受講者の双方が労力・時間・費用を掛けず、手軽に研修を開催、受講できる環境を整備する必要があると考え、情報システム部門の得意分野を活かして、教育へのICT利活用を検討しました。eラーニングシステム導入はその第1ステップでした。おかげさまで、eラーニングは導入から1年弱で全ての部門で利用されるようになりました。現在は、次のステップとしてWeb会議システムを利用した遠隔研修の普及に努めています。」

● eden LMSを選んだ理由を教えてください。

「スモールスタートができるクラウド型サービスを当初から考えていました。」

「オンプレミス型だと、導入時も導入後も費用・時間・労力ともに高コストとなり、eラーニングが社内で広く利活用されるかどうか分からないうちは、ハイリスクなものでした。その点、クラウド型サービスのeden LMSは、初期費用が掛からずスモールスタートが可能で、その後の利用拡大にも柔軟に対応し得ることがメリットです。また、無料試用ができるので、正式導入する前にユーザー部門と希望の研修が可能なことを確認できました。」

「受講者が直感的で分かりやすい操作性も評価されたと思います。」

「導入当時、AndroidとiOSの両方に対応している数少ないeラーニングシステムだったことは目を引きました。また、社員数が多い弊社では同時アクセス数ベースの契約プランが用意されていることも良い点でした。
eden LMSはコンテンツ作成機能や各種ファイル掲載機能を有しているので、全ての受講コースを社内で自主制作しています。業務に即したeラーニングコンテンツを作成できることで、実践的なeラーニング研修が可能となり、想定よりも早く利用範囲が全社へ広がりました。また、受講者が直感的で分かりやすい操作性も評価されたと思います。」

● eden LMSのご利用方法と運用方法について教えてください。

「学習・テストを繰り返す反復学習や動画でのサービス習熟などで活用しています。」

「合格点に達するまでテストを繰り返す反復学習やコンプライアンスや内部統制の啓蒙教育、動画を利用したサービス習熟、資格試験対策など様々なシーンで活用しています。今後は、自主制作の動画教育が増えていくと思います。また、課題提出機能(ファイル添付)のリリース後は、Excel課題実習に利用したいと考えています。