外部システムとのユーザーID連携に対応しました

クラウド型eラーニングシステム『eden LMS』において、外部システムとのユーザーID連携に対応しました。

●外部システムとのユーザーID連携のメリット
企業や学校などの情報システムにおいて、さまざまなクラウドサービスを組み合わせて利用することは珍しくありません。しかし複数のサービスを利用する場合、サービスごとにユーザーIDを管理しなくてはなりません。また利用者側もサービスごとのパスワードを覚えておく必要が出てきます。
そういった問題を解決するために、異なるサービス間でユーザーIDやログイン情報を共有するための仕組みがあり、対応しているサービス間であれば相互に連携できるようになっています。クラウド型eラーニングシステム『eden LMS』においても、ユーザーID連携の仕組みに対応することで、Office 365やGoogle AppsとのユーザーID連携ができるようになりました。

●ユーザーID連携機能の3つの特長
(1) Office 365やGoogle Appsと連携可能
『eden LMS』でユーザーID連携を設定しておくと、Office 365やGoogle Appsにログインしている状態であれば、ユーザーIDやパスワードを入力せずに『eden LMS』へログインできるようになります。そのため、ユーザー側で『eden LMS』のユーザーIDやパスワードを覚えておく必要がなくなります。

(2) ユーザー認証の一元化にも対応
ユーザーID連携を設定後、『eden LMS』側ではパスワード認証を無効化することもできます。そのため、パスワードによる認証はすべてOffice 365やGoogle Appsで行うようにすることで、認証窓口を一本化して、より安全なシステム運用ができるようになります。

(3) 柔軟な連携ルール設定が可能
「外部システム側のどのフィールドと『eden LMS』側のユーザー名と見なすか」など、連携ルールを柔軟に設定できます。あるいは外部システム側の設定を『eden LMS』に反映させることができるので、たとえば所属部署によって自動的にeラーニングコンテンツを割り当てる、といったさまざまなルール設定が可能です。

外部システムとのID連携機能はオプションでの提供になりますので、詳細はお問い合わせください。

●クラウド型eラーニングシステム『eden LMS』とは
『eden LMS』は、月額課金型(ASP型)のeラーニング配信システム(LMS)です。テキスト、動画、Flash、PDFの配信、あるいは問題演習や時間制限つきのテストなど、さまざまな学習コンテンツを簡単に作成・配信できます。携帯電話やスマートフォンにも対応しています。初期費用は無料で、一ヶ月単位で利用できます。無料お試しも可能です。くわしくはクラウド型eラーニングシステムeden LMSをご覧ください。