終了率計算をさらに高速化しました

eラーニングシステムeden LMSでは、受講者のコースごとの終了率については、管理画面から素早く見られるように、定期的に集計した結果を表示しています。(集計時刻については、進捗率閲覧画面で確認できます。)このため、たとえばコースの配信対象が数千人いたり、含まれている教材が何百項目、あったとしても、進捗率による絞り込みがほぼ一瞬でできるようになっています。

以前にも高速化を実施しましたが、最近では以前よりさらにデータ量が増えてきたため、集計サーバーの処理時間が長くなっていました。そこで、集計処理のチューニングを再度実施し、これまで終了率の更新が「2時間半に1回程度」であったのを「1時間弱に1回程度」まで高速化しました。

eラーニングシステム(LMS)を検討されれている方はぜひクラウド型eラーニングシステム eden LMSのページをご覧ください。