受講者によるコンテンツコピーの簡易防止機能を追加しました

eラーニングシステムeden LMSにおいて、テキスト閲覧画面や問題演習画面でのコンテンツコピーをやりづらくする設定が行えるようになりました。システム管理画面から、「受講者によるコンテンツのコピー操作をなるべく防止する」をオンにすることで、この機能が有効になります。

具体的には、受講者のテキスト閲覧画面や問題演習画面で、PCの場合はCtrl+Cと右クリックを禁止、スマートフォンであればテキスト選択を禁止します。これによりカジュアルなコンテンツのコピーはできなくなります。ただし、OSそのものの機能を使ってスクリーンショットを取ったり、画面そのものをスマートフォンのカメラで撮影することはできるため、完全なコピー防止にならないことにご注意ください。あくまで、コピーをするためのハードルを上げるという設定となります。

eラーニングシステム(LMS)を検討されれている方はぜひクラウド型eラーニングシステム eden LMSのページをご覧ください。