管理画面のアップデート計画について

先日お伝えしたように、現在管理画面のアップデートを進めています。これからどのようなアップデートが行われていくか、先に全体像をお伝えしておきたいと思います。ちなみに、これから実施する管理画面のアップデートにおいては、「できること」については変更はありません。あくまでデザインと見せ方の変更のみとなります。(機能追加についても開発中ですが、それらについては別途お知らせいたします)

●管理画面上部のメニューをテキストのみにする
現在は管理画面上部のメニューは画像ベースのものとなっていますが、これらを文字のみのメニューとします。この変更によって、編集画面が全体的に広くなります。

●全体のカラーリング変更
受講者ページと同じように、緑ベースに統一します。また、一覧表の見た目やボタンなども一新し、より見やすい画面を目指します。

●各設定画面における説明文の追加
現在edenの管理画面では、ユーザーグループ編集画面やコース編集画面などで、さまざまなことができるようになっています。ただし、設定項目が増えるにつれて「何ができるのか」が分かりにくくなってしまっています。そこで、管理画面の各設定項目ごとに、できる限り邪魔にならない程度に(これも重要だと考えています)簡単な説明文を表示するようにします。

●設定画面におけるタブの廃止
現在はユーザーグループやコースなど、設定項目の多いアイテムについては、設定画面を複数のタブで分割しています。たとえばコースの編集画面では、「全般設定」と「対象コンテンツ」を別のタブで設定するようになっています。

ただし、この設計では2つの欠点があります。1つは、どのタイミングで保存されるのかが分かりにくいということです。edenでは、タブを切り替えたタイミングでも入力された内容を保存しているのですが、利用者様にお聞きしたところ「タブ切り替えただけでは保存されていないのではないか」と感じる人も少なくないようです。

もう1つの理由としては、操作が回りくどくなることです。たとえば、あるコースの対象コンテンツを変更したい場合、「編集」をクリックして「対象コンテンツ」のタブをクリックする、という操作が必要になってしまいます。
この2つの理由から、タブでの切り替えを廃止し、一覧画面からそれぞれの設定画面に移動できるようにします。そして、それぞれの画面で「保存」ボタンと「キャンセル」ボタンを表示するようにします。そうすれば入力内容が保存されるのは「保存」ボタンをクリックしたとき、というすっきりとしたルールになります。

●複数項目から選択する操作画面のブラッシュアップ
ユーザーグループの所属メンバーの選択や、お知らせ管理画面におけるユーザーグループの選択など、「たくさんあるアイテムの中から複数のアイテムを選択する」という操作をする画面がいくつかありますが、それらの操作方法が統一されていません。また、選択するアイテム数が数百を超える場合には、かなり操作がしづらくなってしまっています。これらについても、操作方法を統一するとともに、「アイテム数が多くても少なくても簡単に操作できるようにする」という改良を行いたいと思います。

現在予定されている管理画面の更新は以上です。適用次第、このブログに置いて順番にお知らせしていきます。

管理画面リニューアルを進めています

前回のブログ記事でも書きましたが、管理画面のリニューアルを進めています。ひとまず管理画面上部のメニュー背景色を、グレーから白色に変更しました。見た目としては小さな変更なのですが、実は内部的にはリニューアルは進んでおり、どこかのタイミングで入れ替えを行いたいと考えています。

新しい管理画面ではいくつかのコンセプトを軸にリニューアルを進めていますが、その1つとして「edenの機能をより分かりやすく見せる」というものがあります。リニューアル後の画面では「edenでできること」がより分かりやすく伝わるような画面になるはずです。

また、新機能の開発も進めています。現在は「オフラインでの集合研修との連携機能」の開発を進めています。オンラインのeラーニングだけでなく、学習・教育というプロセスを総合的にサポートできるようになります。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

iPhoneやiPad、Androidへの対応について

スマートフォン対応についてはよく質問をいただきますが、edenの受講者用画面はiPhoneやiPad、Androidに対応しています。たとえば、iPhoneで教材一覧ページと問題演習ページを開いたときは、次のように表示されます。

教材閲覧画面、問題演習画面の両方でそれぞれの端末に最適化された画面が表示されます。教材に追加された音声ファイルやmp4の動画ファイルの再生ももちろん可能です。(PCやAndroidのではFlashによる表示、iPhoneやiPadではHTML5による表示になります)

最近ではスマートフォンやタブレットの普及率がどんどん上がってきているため、これらの機器に対応することの重要性はますます高まっています。edenを使えば、手間をかけることなくPC、スマートフォン、タブレットへ対応することができます。

PC・スマートフォンに対応した学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

iPhoneアプリをAppStoreに提出しました

edenはiPhoneやAndroidのWebブラウザからも利用可能ですが、現在簡単にiPhoneアプリ化をする機能の開発を進めています。昨日、その機能を利用して作成した「センター試験英語問題集 Lite」をAppStoreに提出しました。AppStoreからダウンロードできるようになるためには審査完了まで待たなくてはなりませんが…


この機能を使えば、一度eden上で作成したコンテンツをさまざまなチャネルから簡単に販売できるようになります。Androidアプリ化できる機能も平行して開発していますのでお楽しみに。