システム設定機能を追加しました

eden LMSにおいて、アカウントごとのシステム設定機能を追加しました。設定できる項目は「受講者が変更できない項目」「選択肢の自動シャッフル機能の無効化」などです。

●「受講者が変更できない項目」について
eden LMSでは標準機能として、受講者が自分でユーザーIDや名前、パスワードなどを変更できるようになっています。しかし、例えばスクール事業とeラーニングを組み合わせたりするときなどに、別のシステムと連携させたユーザーIDを設定している場合、ユーザーの側でIDを変更されると困るというケースもあります。
そこで、システム設定画面から「受講者が変更できない項目」にチェックを入れることで、受講者の画面からIDや名前を変更できなくすることができます。(パスワードは常に変更できます)

●選択肢の自動シャッフル機能の無効化について
edeh LMSでは、学習効果を高めるために、選択問題の選択肢は自動でシャッフルされるようになっています。また、シャッフルされたとしても適切に解説を表示するために、選択肢ごとに解説をつけることができるようになっています。
しかし、例えばもともと印刷用のデータとして、解説も含めた問題データをすでにお持ちの場合、問題ごとの解説が「選択肢1が間違っている理由は~です。選択肢2が間違っている理由は~です。」というようになっていることが多いです。そのような場合、解説をシャッフル対応のために再構成しなくてはならなくなります。そこで、そういったシャッフルが前提となっていない教材データをそのまま使いたいお客様向けのために、選択肢シャッフルを無効化できるようにしました。

これらの変更で、さらにさまざまな利用シナリオに柔軟に対応できるようになったと思います。

eラーニング管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

利用プラン設定がカンタンにできるようになりました

おかげさまでeden LMSの利用者もかなり増えてきたので、契約面においてもなるべく迅速な対応をさせていただくため、アカウント管理画面(契約管理画面)を一新しました。リニューアル後のアカウント管理画面は、デザインも一新して次のようになっています。(アカウント管理画面は、eden LMSに全体管理者としてログイン後、画面右上のリンクから開くことができます)

eden LMSアカウント設定画面

現在利用中のプラン、請求状況、支払い状況などをアカウント管理画面から分かりやすく確認できるようになりました。また、契約更新月になると自動的に更新のお知らせを送付しますので、そこからそのままのプランで契約更新をしたり、あるいはプラン変更をしつつ契約更新をすることができます。クレジットカードでお支払いいただければ、更新手続きはすべて自動的に行われます。(月途中でのプラン変更については、お手数ですが窓口にお問い合わせください。)

また、無料お試しの状態から本契約への移行フローも整理して、分かりやすくしました。こちらもクレジットカードでの支払いが可能なので、弊社窓口とのコンタクトを一切取らずに利用を開始していただくことも可能です。もちろん、お問い合わせいただければ、今まで通りメールでのサポートもいたします。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。