テスト機能を改善しました

eden LMSには資格試験や実力テストなどを再現するために、テストを1人1回に制限したり、制限時間をつけたりすることができます。

ただし、企業内や学校内でeラーニングで実力テストを実施する際に、これまでは受講者画面からテスト名をクリックするとすぐにテストが始まってしまっていました。そのため、テストを受けるための十分な時間がないときにうっかりテストを開始してしまい、テストが十分に受けられない、ということが起きてしまっていました。そこで、「制限時間つきで1人1回しか受けられないテスト」については開始前に確認メッセージを表示するようにしました(PC、スマートフォンの両方です。)。これで、本当に時間のあるときにきちんとテストを受ける、ということができるようになったかと思います。

また「パソコンがフリーズした」などの理由で、試験をやり直したいという受講者が出てしまったときのために、テストの履歴を個別に削除する機能も追加しました。(全体管理者のみが行える操作となっています。)

これで、実力テストなども含めたeラーニング運用も、より柔軟に行えるようになったかと思います。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

学習進行の制御機能をアップデートしました

eden LMSには、学習の進行制御機能があります。たとえば「接客マニュアル」と「確認テスト」で構成されたコースを受講してもらう際に、まず「接客マニュアル」をすべて読んでからでないと確認テストを受講できなくする、というような設定を行うことができます。進行制御の設定がされている場合、指定された条件を満たさないと次の教材へのリンクをクリックできないようになります。この設定はPCはもちろん、スマートフォンやガラケーにも適用されます。

ただし今までは、次の教材のリンクがクリックできなくなるだけであり、そのため受講者が「なぜか教材が開けない」と思われてしまう場合がありました。そこで、今回のアップデートでは「この教材を閲覧するためにはどういう条件を満たす必要があるのか」というメッセージを表示するようにしました。たとえば次のような表示になります。

これで、進行制御の設定をしたコースについても、受講者にも分かりやすい表示になったかと思います。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

進捗CSVに所属ユーザーグループ情報を追加しました

eden LMSでは、受講者の学習状況のデータをCSVファイルでダウンロードし、Excelなどで分析することができます。今までは受講者の名前や進捗率などしか表示されませんでしたが、今回のアップデートで、所属しているユーザーグループのデータも一緒に記載するようにしました。これで、部署ごとの進捗率集計などが可能になります。

今までのCSVファイルはこのような形式になっていました。

現在はこのような形式になっています。

進捗一覧のCSVファイルだけでなく、問題別の得点一覧用のCSVファイルにも、同じようにユーザーグループの所属情報を載せています。これによって、クラスごとの弱点分野の抽出なども容易になります。学習データの分析などにご利用ください。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

ユーザーグループの管理機能を強化しました

eden LMSにはユーザーをグループで管理する機能があります。グループ単位で教材を割り当てたり、権限を設定したりできます。

ユーザーグループはフォルダで分類できるのですが、今回のアップデートでは、フォルダ間の移動ができるようになりました。これで組織変更などにも柔軟に対応できるようになりました。

移動の手順は以下の通りです。ユーザーグループ管理画面から、移動したいグループやフォルダにチェックを入れ、「ユーザーグループの移動」ボタンをクリックします。

すると、移動先フォルダの一覧が表示されるので、移動先のフォルダをクリックします。

これでユーザーグループの移動を行うことができます。今後もさまざまなユーザー管理機能を充実させていく予定です。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

最近の更新内容

eラーニングシステムのeden LMSですが、最近一週間ほどでいくつかの不具合修正を行いました。

・テキストセクション編集画面のプレビュー画面が
 動作しないケースがあるのを修正しました。

・コースの進捗一覧画面で、受講者が数百人を超えていると、
 一部の進捗データが表示されない現象を修正しました。

・ソフトバンク携帯の一部の機種において、
 ログイン画面のログインIDに数値の入力ができない現象を修正しました。

・Google Chromeにおいて、コースの進捗一覧画面の
 「検索条件のクリアボタン」が動作しない不具合を修正しました。

ユーザーの皆さまに安心して使っていただけるLMSとなるように、日々開発と修正を続けております。学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

動画配信機能のパフォーマンスを向上させました

eden LMSではWindowsやMacはもちろん、iPhone、iPad、Androidなどにも動画配信をサポートしています。ストリーミング再生もサポートしているので、快適な動画閲覧が可能です。

今回のeden LMSのアップデートでは動画配信機能のアップデートを行いました。これによって、iPhoneやiPad向けの動画配信では、動画再生が開始されるまでの待ち時間を短縮しました。また、大人数への配信時のサーバー負荷も下がったので、より安心して大規模な動画配信を行えるようになりました。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。