IDやパスワードを忘れた方への対応を改善しました

edenではユーザーIDとして標準ではメールアドレスを使用し、設定によっては半角英数字も利用できるようになっています。半角英数字をユーザーIDにする場合は、メールアドレスを別に設定することになります。(メールアドレスを空欄にしておくことも可能です。)

そしてパスワードを忘れた場合への対応ですが、今まではメールアドレスを入力してもらい、そのメールに記載されたURLからパスワードを再設定し、再度ログイン画面に戻る、という動作になっていました。

ただしそのような仕様だと、パスワードをリセット後、再度ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力しなくてはなりません。また、半角英数字をユーザーIDにしている場合、そもそもユーザーID自体を忘れた場合には、管理者に連絡して管理画面からリセットしてもらう必要がありました。

そこで今回のアップデートでは、パスワードリセット後には自動的にログインするように設定しました。これによって、上記の2つの問題は解決できます。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

ユーザーのフォルダ一覧が使いやすくなりました

eden LMSでは、受講者や管理者をフォルダ単位で分類できるようになっています。今まではユーザー一覧画面などで、フォルダの階層を常にすべて表示するようになっていましたが、今回のアップデートでフォルダのツリーを開閉できるようにしました。

フォルダ一覧

ツリーの開閉状態はブラウザに保存されるので、フォルダを行き来する場合でも、現在操作中の階層だけが詳しく表示されるようになります。これで、フォルダが増えた状態でもすっきりと扱えるようになるかと思います。

もちろん、ユーザー一覧画面だけでなく、ユーザーグループ一覧画面のツリーも同様にアップデートされています。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

進捗率の低い受講者へのメール送信機能を追加しました

社内でeラーニングを実施すると、どうしても日々の業務に追われてeラーニングを受講してくれない方が出てきてしまいます。今回のeden LMSの更新により、eラーニングの受講が進んでいない受講者に対し、受講を促すメールを簡単に送れるようになりました。これにより、たとえば「進捗率が50%未満の受講者」に向けて「来週末までに受講を完了してください」というような通知を行うことができます。

eden LMSの管理者受講状況確認画面は次のようになっており、受講者の進捗率によって検索を行えるようになっています。
学習状況の進捗一覧画面

今回の更新により追加された「~名へのお知らせを作成」リンクをクリックすると、次のようなメール作成画面が開きます。
メール作成画面

ここで、件名と本文を入力することにより、検索結果に含まれる受講者に対してメールを送信することができます。メールが送信されたことを確認するために「自分自身にもメールを送る」というオプションも利用できます(このオプションはデフォルトでオンになっています)。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

問題演習機能を強化しました

eden LMSでは、「1問ずつ採点・回答するモード」と「まとめて採点・回答するモード」を使い分けることができました。今回のアップデートで、それらのモードをさらに使いやすくした上、「前回間違えた問題だけに回答するモード」を追加しました。これらの機能は、PC、スマートフォン、携帯電話のすべてに対応しています。

受講者画面で問題セクションをクリックすると、次のような演習モード選択画面が表示されます。そこで、「1問ずつ採点・回答するモード」と「まとめて採点・回答するモード」のどちらかをクリックすると、問題演習がスタートします。
問題演習モードの選択

また、前回の回答したときに満点でなかった場合は、「前回の復習モード」のボタンも表示され、このボタンをクリックした場合には前回間違えた問題だけを「まとめて採点・回答するモード」で演習できます。

問題演習モードの選択

これらの機能を使っていただくことで、問題演習をより効率的に行えるようになったかと思います。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

数式エディタを携帯電話対応しました

edenの教材作成機能では、数式エディタを使って簡単に教材や問題に数式を追加することができます。

今回の更新では、数式エディタによって生成される画像をPNGからJPEGに変更しました。フィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)ではPNG画像を表示できない機種もまだまだ多いためです。これで、数式を用いた教材や演習問題であっても、フィーチャーフォン向けに配信することができるようになります。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。

問題演習の履歴詳細データが見やすくなりました(その2)

先日履歴詳細データについて更新を行いましたが、さらにCSVデータに問題文の一部も含むようにしました。これで、誤答分析などがさらにやりやすくなったかと思います。

また、合わせて選択肢にカンマが入っているCSVファイルがずれてしまう現象も修正しました。

学習管理システム(LMS)を検討されれている方はぜひeden LMSのページをご覧ください。